宇宙魅たことか

(そらみたことか)
初演日:2013/8 作者:岡野 陽平
初演会場ロクソドンタ ブラック
初演劇団演劇 四次元STAGE (よんすて)
キャスト総数9(男:4 女:5 その他:-)
上演時間90分
あらすじ 数世紀先の未来。
滅び行く地球から逃れようと宇宙への移民が進むが、
限られた宇宙行きの権利は《移民省》によって抽選で分配されていた。

ロケット搭乗の切符《イエローリーフ》に当選した人々の、
それぞれの抱える事情。それぞれの思い。。。


登場人物25人以上! 役者10人!?
目まぐるしく転回する、ノンストップ・コメディ&シリアス。


〜〜〜〜〜〜〜〜

 《オープニング・闇夜の出発》
■夜の闇の中。立ち入り禁止の柵の中に、ロケットの搭乗口がある。
■スーツ姿のトキタ(鴇田♀)が現れ、柵を開ける。
鴇田「こっちです」
■闇に紛れて、続々と人がやってくる。それを鴇田が受け付ける。
鴇田「よし。乗って下さい」
■許可された一団が乗り込む。
鴇田「次」
■次の乗客。
鴇田「イエローリーフは?」
■慌てて探す。出す。
鴇田「OKです。乗って下さい」
■乗り込む。
鴇田「次」
■次の乗客がイエローリーフを見せる。
鴇田「どこから来たんですか?」
■驚く乗客。
■その瞬間、銃声!
■撃った男が現れる。朱雀会(ヤクザ)の若。
■菅原も現れる。
鴇田「何も殺さなくても」
菅原「何悠長なこと言ってんだ。見ろ! どこからかロケット打ち上げの情報が漏れたんだ」
鴇田「ですけど!」
菅原「おい。今争ってる場合か! ・・・バカじゃないんだろ?」
若「やるべきことをやろう」
鴇田「ですね」
若「こいつは俺が処理する」
■若が死体を引きずって行く。

■菅原が時計を見て。
菅原「あと20分だ」
著作権使用料 独自規定
追記
戯曲の使用に関して

作品使用料は
 ●長編=6000円

【振込先】
三井住友銀行 西宮北口支店 普通4858481
ヨジゲンステージ オカノ ヨウヘイ


当日パンフレットなどに
「台本:劇団 四次元STAGE 岡野 陽平」と記載ください。
パンフレットがない公演では、口頭あるいはHPなどで周知できる形をお願いします。
その他 登場人物は25人以上ですが、
役者9人で演じました。+前説1人。
人が大勢いるなら、25人で演ってもいい。

ブログに上演時の写真をアップしてます。
http://4st.blog.so-net.ne.jp/2011-08-16
ジャンル(:自己申告)
ラブストーリー (0)
感動巨編 111111111111111111111111111111111111111111111 (90)
お笑い 22222 (10)
ミュージカル (0)
サスペンス (0)
青春もの (0)
時代劇 (0)
SF (0)
ファンタジー (0)
シリアス (0)
(2020/2/14 21:43:31現在)
冒頭だけ読む | この作品の感想を読む | この作品の評価 | 上演記録 | 上演案内登録 | 著作権侵害報告 | この作品の作者へ連絡 | 評価(要ログイン)
面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム