オオカミと七ひきの子ヤギ「オオカミのひとりごと ~鳴き声は…泣き声なんだ~」
(おおかみとしちひきのこやぎ「おおかみのひとりごと ~なきごえは…なきごえなんだ~」)
初演日:2017/9
作者:わらいき:クリム
作者へ連絡
初演会場
横須賀市内コミュニティセンター
初演劇団
わらいきシアター
キャスト総数
2(男:1 女:- その他:1)
上演時間
7分
あらすじ
ある日のこと。
びしょ濡れになった一匹のオオカミが森の中をとぼとぼと歩いていました。
オオカミは悔しそうにつぶやきました。

「オレ様としたことが・・・。
7匹の子ヤギどもの最後の一匹を見逃してしまうとは。
一人残らず食っちまっていたら、こんな無様なことにはならなかったのに。
それにしてもあのヤギの母親ときたら。
随分と手荒なことをしてくれたもんだ。
オレ様の腹を切り裂いて石を詰め込むとは・・・。
もう少しで・・・、本当にもう少しでオレ様は池の中で溺れ死ぬところだった。
いやぁ〜、助かった〜、ヤギの母親の縫い方が雑だったからなぁ〜、
水の中で糸がプチプチと切れてよぉ〜、石は腹のなかから出て行っちまって・・・。
おおー、神よ〜。神様よ。
オレ様を助けてくださってありがとう。お〜、神よ。」

オオカミはぶつぶつとつぶやき、そしてよろめきながら森の奥へと歩いて行きました。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる(準上演可)
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(40)
 
お笑い(20)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(10)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(20)
 
シリアス(10)
(2017/11/18 22:26:50現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム