シンデレラ、探しています

(しんでれらさがしています)
初演日:0/0 作者:あかざとう
『シンデレラ、探しています』

推奨キャスト数:13─17名

登場人物:
・ヴィンセント(男)─ノートランド王国の王子。
・デューク(男)─ヴィンセントの側近。
・ヴィクトリア(女)─ノートランド王国の女王。ヴィンセントの母。
・ジェンソン(男)─ノートランド王国の王配。ヴィンセントの父。
・シンデレラ(女)─貴族の少女。継母とその連れ子に虐げられている。
・コーデリア(女)─貴族の少女。シンデレラの義姉。
・メイ(女)─貴族の少女でコーデリアの友人。ヴィンセントの大ファン。
・クレイトン夫人(女)─シンデレラの継母、コーデリアの実母。
・王城兵(男)─王城に勤める兵士。ヴィクトリア直属。
・国民─王国の国民たち。性別、人数不定(女性多め、3─7名程度を推奨)。
・ナレーター─物語のナレーター。声のみの出演。

●第1幕
 ◯ノートランド王城・ヴィンセントの私室

   優雅な装飾が施された私室。
   舞台前方中央がバルコニーになっている。
   バルコニーにヴィンセントとデュークが立ち、
   バルコニーを囲むように国民たちが数名立っている。

ナレーター(声)「むかしむかし、あるところに『ノートランド』という王国がありました。厳しくも正しい女王様と、それを暖かく見守る夫君が夫婦仲よく治めるノートランド王国。女王様と夫君の間には、1人息子の王子がおりました。王子の名前はヴィンセント。ヴィンセント王子は持ち前の美貌とカリスマで、若い女性を中心に国中の人々をとりこにしていました──」

   明転。

ヴィンセント「グッモーニング、麗しき僕の国民たち!」
国民「ヴィンセント様ー!」
国民「おはようございますー!」
ヴィンセント「今日という日が、きみたちにとって素敵な1日であることを──心から祈っているよっ!」
国民たち「キャー!」
ヴィンセント「それじゃあねっ!」

   ヴィンセント、デューク、バルコニーを去り私室に入る。  
   国民たち、退場。

デューク「日課お疲れ様ですー、殿下。」
ヴィンセント「なに、みなの笑顔を思えばこの程度苦でもないさ。」
デューク「わー、さすがっすねー。」
ヴィンセント「きみほんとにそう思ってる?」
デューク「もちろんもちろん。殿下の女たらしならぬ国民たらしっぷりには脱帽っす。」
ヴィンセント「…ま、いっか。デューク、今日のスケジュールを頼む。」
デューク「かしこまりました。えーっと…本日は9時半から帝王学の授業、13時から乗馬訓練、16時からは宮廷楽団との打ち合わせになりますー。」
ヴィンセント「楽団と打ち合わせ?演奏会でもあるのかい?」
デューク「え、殿下。まさかとは思いますけど、お忘れじゃないですよね。」
ヴィンセント「ももも、もちろんさ!国中のレディたちを招いたダンスパーティーだろう?楽しみだなあ!」
デューク「…ははっ。」
ヴィンセント「ちょっと、主君相手になんだいその失笑は…すまない、まったく心当たりがない。」
デューク「殿下のお誕生日パーティーですよ。」
ヴィンセント「あ、そうか!たぶん意図的に記憶から抹消してたんだな。」
デューク「えー、なにかお気に召さないことでも?」
ヴィンセント「いや、誕生日自体が嫌なわけじゃないんだが…なんというか、その──」
ヴィクトリア(声)「ヴィンセント!」

   ヴィクトリア、ジェンソン、入場。

ヴィンセント「ヒッ!は、母上?」
ジェンソン「邪魔するぞ、ヴィンセント。」
デューク「女王陛下、ジェンソン様。おはようございます。」
ヴィンセント「父上まで!このような早朝から、なぜこちらに──」
ヴィクトリア「お前ときたら、また不特定多数の女性たちに媚を売っていたのですか?そろそろ婚約者の1人ぐらい、連れてきてもよいのでは?」
ヴィンセント「あー…また始まった…」
ヴィクトリア「なにか言いましたか?」
ヴィンセント「いえなにも!」
ヴィクトリア「まったく…後継者たるお前がこの体たらくでは、国の行く末が不安でおちおち夜も眠れません。」
ヴィンセント「ご心配なく、母上。候補でしたらいくらでもおりますので。」
ヴィクトリア「『国中のレディたち』などと抜かしたら、ただではおきませんよ。」
ヴィンセント「うっ…ぜ、全国民を等しく愛するのが、王族としての役目かと思うのですが。」
ヴィクトリア「お前のきれいごとは聞き飽きました。」
ヴィクトリア「そ、そんなあ!」
ジェンソン「ヴィンセント、立場を考えろ。早く身を固め、国民を安心させることこそ、世継ぎたるお前の大事な責務じゃないのか?」
ヴィンセント「父上…で、でも僕は、もう少し世界を知ってから相手を決めたいと──」
ジェンソン「お前、そう言ってもう何年経ったと思ってるんだ。」
ヴィンセント「そ、それはその…」
デューク「ひひっ、殿下そろそろいいお年ですもんね。確か来月でにじゅう──」
ヴィンセント「少々おしゃべりがすぎるよ、デューク。」
ヴィクトリア「デュークの言うことももっともです。わたしたちももう若くないのですから、そろそろお前にも大人になってもらわないと。」
ヴィンセント「え、ええ…」
ヴィクトリア「幸い人気だけはあるようですからね。言い寄ってくる者の中から、さっさと決めてしまいなさい。」
ヴィンセント「いいんですかそんな適当で…」
ヴィクトリア「誕生日後になんの進展もみられなければ、わたしが婚約者を斡旋しますからね。」
ヴィンセント「は、はあ──って、えっ!?ちょっ、ちょっと母上!急すぎますって!」
ヴィクトリア「言い訳無用!」
ヴィンセント「ヒイッ!か、かしこまりました!」
ヴィクトリア「では。──ジェンソン、参りますよ。」
ジェンソン「もちろんだとも、マイハニー!」
ヴィクトリア「やめなさい、ヴィンセントたちが見ているでしょう。」
ジェンソン「はははっ、相変わらず厳しいなあ!」
ヴィクトリア「母として当然の務めです。──デューク、ヴィンセントを頼みますよ。」
デューク「はっ。」

   ヴィクトリア、ジェンソン、退場。

デューク「…殿下、腹くくりましょう?さすがに女王陛下に決められるのは嫌っすよね?」
ヴィンセント「当たり前だろう!母上好みの気が強い女性なんか連れてこられてみろよ、僕一生尻の下だよ!?」
デューク「あ、めっちゃ想像つきますそれ。」
ヴィンセント「あああああ…そんな結婚生活だけは絶対に避けないと…!」
デューク「…殿下、それ地味に陛下にもジェンソン様にも失礼な気がするんすけど…」
ヴィンセント「…よし、こうなったら。」
デューク「なんか思いつかれました?」
ヴィンセント「デューク、すぐに紙と馬車の手配を!」
デューク「えっ。」
ヴィンセント「国中のレディたちに招待状を配りに行くぞ!」
デューク「殿下、それってまさか──」
ヴィンセント「今年の誕生日パーティーは婚活パーティーを兼ねるものとする!」
デューク「よってそれに伴い──」
ヴィンセント「国中の適齢期の女性を招待することとする!」
デューク「だ、だいぶ大胆なことおっしゃいますねー。」
ヴィンセント「こうなったらやるしかないだろう?」
デューク「ぜ、全員呼ぶ必要あるんすか…?てか殿下、今日のご予定は──」
ヴィンセント「すべてキャンセルで!」
デューク「えー、陛下に怒られるの俺なんすけどー!」
ヴィンセント「よし、待っていておくれよ!まだ見ぬ僕の花嫁ー!」

   ヴィンセント、デューク、退場。
   暗転。

ナレーター(声)「こうして、国中の女生を招いた大規模な誕生日パーティーを開くことに決めたヴィンセント王子。果たして王子は、理想の結婚相手を見つけることができるのでしょうか?」

 ◯ノートランド王国・城下町

   賑やかな街並み。数人の国民たち(庶民の装い)が自由に過ごしている。
   舞台上手にはベンチがある。
   ベンチには雑談をするコーデリアとメイが座っている。
   舞台下手にはゴミ箱がある。
   ゴミ箱の前にはシンデレラ(召使の装い)が立ち、ゴミ出しをしている。

ナレーター(声)「ここは、ノートランド王国の城下町。身分の貴賎を問わず、多くの人々が暮らしています。」

   明転。

メイ「聞いて聞いてー!あたしこれから新しいドレス買いに行くのー!」
コーデリア「あら、よかったわね。」
メイ「でしょー!いやー、来月まで待てないわー!早く着たいなー!」
コーデリア「…来月、なにかあった?」
メイ「あれっ?コーデリア知らないの?」
コーデリア「まさか、ヴィンセント様のお誕生日パーティーのことかしら。」
メイ「そーそれー!超楽しみー!」
コーデリア「メイ、ちょっと落ち着きなさい。いくらなんでも全員はありえないでしょう。」
メイ「えー、なんで?」
コーデリア「なぜって…ヴィンセント様は人望の厚いお方なんだから、全国民に構うようなお時間は──」

   ヴィンセント、デューク、入場。

ヴィンセント「やあやあ、城下町の諸君!」
デューク「どーも、こんちは。」
ヴィンセント「うん、思った通りだ!近くで見ると想像以上にかわいいね!」
国民「ヴィンセント様ー!?」
国民「ウソーッ!?」
国民「キャー!」
コーデリア「えっ。」
メイ「うおおおおおお!!本物マジヤベエ!!」
コーデリア「ちょ、メイ!はしたないわよ!」
ヴィンセント「既に知っている人もいるかもしれないけど、あらためて。来月ある僕の誕生日パーティーに、国中のレディを招待することになったんだ!」
国民たち、メイ「キャー!」
デューク「参加は必須ではありませんが、殿下が喜ぶんで…ま、よければ。」
ヴィンセント「待ってるよ。」
国民「あ、ありがとうございます!」
ヴィンセント「待ってるよ。」
国民「絶対行きます!」

   ヴィンセント、街の中を周り1人1人に招待状を手渡しする。
   デューク、ヴィンセントに付き添いながら次の招待状を用意して渡す。

ヴィンセント「待ってるよ。」
メイ「ヴィンセント様っ!ペンライトは持ち込み可能ですかっ?」
ヴィンセント「んー…?なにかなそれ。デューク、知ってるかい?」
デューク「いや、ちょっと存じ上げないですね。」
ヴィンセント「ま、いっか。ご自由にどうぞ、レディ。」
メイ「っしゃあ!楽しみにしてます!」
コーデリア「まったく…あんた図太いわね。」
ヴィンセント「さあ、あなたも。待ってるよ。」
コーデリア「あ、あら。ありがとうございます。」
ヴィンセント「うん。」
メイ「ねえねえ、コーデリアもドレス見に行こーよ!」
コーデリア「しょ、しょうがないわねえ。」

   コーデリア、メイ、国民たち、退場。

ヴィンセント「さあデューク、この街で最後だったよね!帰ろうか!」
デューク「あのー…すいません殿下。実は…」
ヴィンセント「ん?」

   デューク、1通の招待状を取り出してヴィンセントに見せる。


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム