ハロウィンゴーストスクランブル

(はろうぃんごーすとすくらんぶる)
初演日:0/0 作者:あかざとう
『ハロウィンゴーストスクランブル』

推奨キャスト数:10名(参加者とおばけともに5名かつ兼役)─15名(参加者とおばけともに5名かつ別キャスト)

登場人物:
・アヤミ(女)─女子高生、カナエとは友人。明るくノリがよい反面、高圧的なところも。おしゃれとSNS好きであり、コスプレ写真を撮り放題のハロウィンが大好き。かなり気合いの入った仮装をしている。
・カナエ(女)─女子高生、アヤミとは友人。心優しく協調性溢れるが、やや流され気味。おしゃれとSNS好きであり、コスプレ写真を撮り放題のハロウィンが大好き。かなり気合いの入った仮装をしている。
・藤崎(男)─男子高校生。興味のある話題は長々と語る一方、社交性に欠ける。甘味好きであり、無料でお菓子を食べ放題のハロウィンが大好き。一切仮装をしていない。
・城山《しろやま》(男)─男子高校生。女性に優しく、男性に厳しい。ナンパ好きであり、コスプレやお菓子を口実に他人に声をかけ放題のハロウィンが大好き。簡単な仮装をしている。
・ルナ(女)─中学生ぐらいの少女。無邪気でいたずら好き。スクランブル交差点にやってきたおばけたちのリーダー的存在。若くして亡くなっており、現世へ遊びにこられる貴重な機会のハロウィンが大好き。黒いワンピースと黒い仮面を身にまとう。
・参加者─スクランブル交差点のハロウィン騒ぎに参加する人々。思い思いの仮装をしている。性別、人数不定、5名程度推奨。おばけとの兼役可。
・おばけ─ルナとともに現世へ遊びにやってきたおばけたち。全員同じ黒い仮面をつけている。基本的に声を発さず、パントマイムのみで意思表示。性別、人数不定、5名程度推奨。参加者との兼役可。



*読みかたの注釈が必要と判断した箇所に《ふりがな》を振っています。

◯東京・スクランブル交差点

   ハロウィンイベントで賑わう、都内某所のスクランブル交差点。
   舞台のあちこちに参加者たちが立ち、写真撮影や菓子交換をしている。
���������üԤ����Υޥʡ��Ϥ��ޤ��褯�ʤ���
   参加者1、入場。明転。 

参加者1「さあさあやってまいりました、スクランブルハロウィン2019《にーぜろいちきゅう》!老いも若きも男も女も、ここスクランブル交差点に集まって!食べて!撮って!騒ぎまくれー!いぇーい!」

   参加者1、退場。
   スマホを持ったアヤミ、カナエ、下手側から入場。  

�����ߡ֥��ʥ������ä����ԤäƤߤ衪��
カナエ「あっ、かわいー!」
�����ߡ֥��ʥ������ä����ڤ����������ʤ�����
���ʥ��֤��á������͡�����

   アヤミとカナエ、舞台中央に向かって歩きながら時折自撮りをし、歩行者の邪魔になる。
   ルナ、下手側から入場。様子を伺いつつ、上手側に向かって歩く。
   お菓子でいっぱいのかごを持った藤崎、上手側から入場。

藤崎「うわっこれ超うめえ…うわっこれも超うめえ…」

   藤崎、舞台中央に向かって歩きながら時折お菓子を無言で受け取って食べ、
   ポイ捨てや割り込みを行う。
   藤崎、すれ違いざまにアヤミとぶつかる。

アヤミ「んっ…」
���ʥ��֥����ߡ����������֡���
藤崎「うわっこれ超うめえ…」
�����ߡ֤��Ρ�����
ƣ���֡ġ�
�����ߡ֤����äȡ�ʹ���Ƥޤ�������
藤崎「なんですか?」
アヤミ「あんたさあ、ぶつかっといておわびのひとつもないわけ?」
���ʥ��֥����ߡ������Ȥ��ʤ訡����
藤崎「まず、僕の名前は『あんた』ではなく藤崎と言います。以後はそう呼んでもらえると助かります。」
アヤミ「は、はあ?名前とかどうでもいいんだけど。」
藤崎「次に、たしかに僕らがお互いとぶつかったのは事実です。ですがその責任は交通マナーを遵守して歩いていた僕ではなく、自撮りのためにたびたび道を塞いでいたあなたたちにあるのではないでしょうか。」
アヤミ「むっ。あんたこそ、お菓子に夢中でよそ見してたからぶつかったんじゃないの?」
藤崎「なるほど、だとしたらお互い様というやつですね。」
アヤミ「んじゃ謝んなさいよ。」
ƣ���֤����餫���ɤ�������
�����ߡ֤䡼�ǡ���������
���ʥ��֤����Ԥ����襢���ߡġ�
アヤミ「いーや、この戦いは引けないから。カナエは黙ってて。」
藤崎「奇遇ですね、僕もアヤミさんには負けられないと思ってました。」
アヤミ「こっちのセリフだし。てか勝手に名前呼ばないでよ、キモ藤崎。」
藤崎「すみません、では自撮り自己顕示欲モンスターとお呼びしてもいいでしょうか。」
アヤミ「はあ!?だいたいあんたさあ、いい歳してお菓子集めとか恥ずかしくないわけ?」
藤崎「恥ずかしくないですよ、ハロウィンの醍醐味じゃないですか。」
アヤミ「うっわ、そういうのマジ無理ー。自己中の極みって感じー。」

   藤崎とアヤミ、口論を続ける。
   ルナ、上手側にいる参加者からお菓子をもらおうとする。

���ʥ��֤��������ߡġ�

   城山、ルナを押しのけて上手側から入場。
   ルナ、逃げるように退場。   

城山「わー、きみかわいいね!」
カナエ「え、わたし?」
城山「他に誰がいるってのよ。」
���ʥ��֤������꤬�Ȥ�����
城山「ねえねえ、1人?」
���ʥ��֤��䡢�ळ����ͧã������
城山「わー奇遇!俺も1人なんだ!よかったらいっしょに回らない?」
カナエ「え?いやその、わたし──」
城山「俺城山っつーの、よろしく。おねーさんは?」
���ʥ��֤��ȡ����ʥ��Ĥ����ɡ���
城山「カナエちゃん!名前までかわいい!」
���ʥ��֤ϡ��Ϥ��Ĥɤ����ġ�
城山「ハロウィンっていいよねー!知らない人とも仲良くなれるしさー!」
カナエ「う、うん。そうだね。」
城山「それにほら、仮装っつーの?普段と違う自分に変身できる的な!」
アヤミ「いやその雑なコスプレでよく言うよね。」
城山「うわっ。」
���ʥ��֤⤦�ۤäȤ������ġ�
アヤミ「なに?ハロウィンのどさくさに紛れてナンパってわけ?」
城山「そそ!かわいい子めっちゃいるしさー、もう声かける大チャンスってか!」
アヤミ「ふーん…」
城山「えっと…アヤミちゃん、だよね?仮装めっちゃかわいいね!よかったらカナエちゃんと3人でどっか──」
アヤミ「はっきり言っとくけどさ。そういうのやめて。」
城山「へっ?」
アヤミ「うちら、別に男に見せたくてコスプレしてるわけじゃないから。」
城山「えっ違うの!?」
�����ߡְ㤦�衪����
城山「じゃ、じゃあなんで──」
カナエ「普段できない格好で街歩くのって、けっこう楽しいんだよ?」
城山「はっはー…女の子特有の感覚かなー…」
アヤミ「そしてその非日常を自撮りに収めSNSにアップし思い出を記録に残す!完璧!」
藤崎「うっわー、いったい。」
�����ߡ֤ʤˡ�ƣ�ꡣ��
藤崎「コスプレするのが楽しいなら、わざわざSNSに自撮り載せる必要あります?どうせいいね稼ぎたいだけですよね。」
アヤミ「だ、だったらなんか問題あるわけ?」
藤崎「いや、別にないですよ。ただ伝統的な行事を自分たちの承認欲求を満たすために消費してしまうあたりが、いかにも軽薄な女子高生らしいなあと思いまして。」
���ʥ��֤��äȡ��Ĥޤ��ġ�
藤崎「アヤミさんとカナエさんのやりかたは正しいハロウィンじゃない、ってことですよ。要するに。」
アヤミ「はあ!?そういうあんたこそ正しいハロウィンわかってんの?」
ƣ���֤ȡ������ޤ��ȡ���
アヤミ「ハロウィンってのはコスプレするもんって決まってんのよ!なのにバリバリ私服でお菓子もらうとか、あんたハロウィンのルール丸無視じゃん!せめてあんぐらいしてきなさいよ!(城山を指差す)」
藤崎「最近はメディアに踊らされて、コスプレに熱が入りすぎなんですよ。いい大人はそんなところに金をかけないで、お菓子をたくさん買うべきです。」
アヤミ「そ、そんなの人の自由でしょ…!」
藤崎「ですが、菓子交換は歴史上ハロウィンに絶対不可欠な要素だったと記憶しております。そこをすっ飛ばしてコスプレにばかり目が向いているアヤミさんたちの振る舞いは、到底正しいハロウィンとは言えません。」
�����ߡ֤����䡪�㤦�Τ�ƣ���Ǥ�������
藤崎「アヤミさんですよ。」
�����ߡ�ƣ���Ǥ�������
藤崎「アヤミさんですよ。」

   アヤミ、藤崎、口論を続ける。

���ʥ��֤ա����ͤȤ��ġ�
城山「あちゃー、お熱いこったあ。」
カナエ「『正しいハロウィン』なんて…そんなことでもめてもしょうがないのに…」
城山「そうそう、女の子と仲良くなるためのお祭りがハロウィンだもんなあ。」
アヤミ、藤崎「それは絶対に違う!」
城山「わっ急にハモってきた怖ー。」
���ʥ��֤������͡���
城山「でもなんかまだかかりそうだし、よかったらむこうでお茶とか──」
カナエ「ごめんね城山くん、アヤミ置いてけないから。」
城山「フラれた!ハロウィンの魔法はないのか!」
アヤミ「とにかく!あんたのは正しいハロウィンじゃありませーん!」
藤崎「アヤミさんこそ勉強したほうがいいですよ、正しいハロウィンってやつ。」
城山「そうそう、俺こそが由緒正しきハロウィンを受け継ぐ──」
アヤミ、藤崎「お前はすっこんでろ!」
城山「息ぴったりだな!」

   アヤミ、藤崎、口論を続ける。

カナエ「あー…おさまるのかな、これ…ていうか、結局誰が言ってるのが『正しいハロウィン』なんだろう…」
ルナ(声)「違う…」
���ʥ��֤��á���
アヤミ「いやだからさ、コスプレして──」
ルナ(声)「違う!」
城山「な、なんだあ?」
ƣ�������ĤǤ����͡���
アヤミ「やばっ、めっちゃぞわってきたんだけど。」
ルナ(声)「全員違う!誰1人として『正しいハロウィン』を理解していない!」
カナエ「ねえ、なんか怒ってない?」
藤崎「ま、まずいことをしてしまったんでしょうか──」
ルナ(声)「我らの苦しみ…思い知れ、生者どもめ!」
城山「えっやばくね!?」

   呪いが発動する効果音。
   参加者たち、眠りについて地面に倒れる。

�����ߡ֡Ĥ�����
藤崎「眠っている…ようですね。僕ら以外。」
カナエ「こ、このスクランブル交差点の人みんな!?」
城山「いやいやいやおかしいっしょそれ!映画じゃあるまいし──」

   照明が点滅する。
   ルナ、入場。

�����ߡ֤ʤˤʤˤʤˡ�����
���ʥ��֤��㡼����
藤崎「みみみなさん、ちょちょちょっと落ち着いてくださいよ…」
アヤミ「いや藤崎が落ち着けし!」
城山「やべえやべえやべえ!」
ルナ「日陰に追いやられてきた我が同胞たちよ、時は来た!今こそ再び現世に降り立て!」

   参加者たち、仮面をつけておばけになり起き上がる。
   音楽がかかる。
   おばけたち、音楽に合わせて踊りだす。

アヤミ「やだちょっと、あれなに!?」
���ʥ��֤��Ф��������Ф�������
藤崎「そそそんな、ひひ非科学的な…」
アヤミ「いやそんなガクガクで言われても説得力皆無だし!」
城山「やべえやべえやべえ!」
ルナ「そもそも!ハロウィンとは年に1度、死霊たちが現世に戻ってくる日だ!それが誰1人死霊の『死』の字も挙げないとは…貴様らよくそれで『正しいハロウィン』とやらを語ろうと思ったな!」
城山「えっそうなの!?」
���ʥ��֤����Τ��פ����ȻפäƤ��ġ���
アヤミ「実質お盆じゃん!」
ƣ���������Ǥ����͡ġ�
ルナ「その様子では、仮装文化がなんのためにあるのかも知らないようだな!コスプレ?インスタ映え?聞いて呆れるわ!」
アヤミ「ひいいいい!ごめんなさいごめんなさい!」
カナエ「知らなかったんです、ほんと知らなかったんです!」
ルナ「菓子交換も食費が浮いてラッキー、ぐらいにしか思っていないのだろう?まったく、のんきな生者どもめが!」
藤崎「おおおお許しください!」
ルナ「そしてナンパ男!貴様は論外だ!」
城山「いやほんとすいません、反省してますんで、なんとか──」
ルナ「貴様ら4人は誤ったハロウィンの意味を広め、伝統ある儀式を貶めた!その罪…贖ってもらうぞ。」
�����ߡ֤��������ʤ�����
藤崎「お、犯したことの責任をとれ、って感じかと。」
城山「えっなにそれどゆこと?魂とか取られる系?」
カナエ「ちょっと城山くん、怖いこと言わないでよ!」

   ルナ、おばけたちを従えてポーズを取る。

ルナ「『正しいハロウィン』を理解していなかった罰として、貴様らには──」
アヤミ「まっ、待ってください!なんでもしますんで!」
ƣ����̿�����ϡ�̿�����Ϥɤ�������
ルナ「あいたっ。」

   ルナ、つまずいて転び、仮面を落とす。音楽が止まる。
   おばけたち、ルナを助け起こす。
   4人、ルナの素顔を凝視する。

ルナ「ふう…ん?…あ。」

   ルナ、仮面に気づいて素早く拾い、再度身につける。
   ルナ、再度おばけたちを従えてポーズを取る。

ルナ「…『正しいハロウィン』を理解していなかった罰として、貴様らには──」
城山「今美少女がいた!」
ルナ「気のせいだ。」
城山「いやいやいや、めっちゃかわいかったー!えっよかったらお茶とかどう?」
ルナ「死霊は茶を飲まん。」

   おばけたち、ポーズを崩して自由に雑談(パントマイムのみ)や遊びを始める。

城山「またまた、つれないなー!」
アヤミ「ゆ、幽霊口説きだしたんだけどあいつ…」
城山「バイタリティ高すぎますね。」
カナエ「すごいなー、城山くん。」
城山「え、てかきみいくつ?」
ルナ「し、死霊に年を聞いてどうするというのだ、貴様は。」
城山「いや、気になっただけよ?ちっさいのにがんばってるなーって思ったからさー!」
ルナ「ちっさくない。」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム