夏の日のメロス
(なつのひのめろす)
初演日:0/0
作者:角田 高男
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
-(男:- 女:- その他:-)
上演時間
-分
あらすじ
架空田高校の演劇部は部員十人。演出を担当するカトウ、音響のトミカワ、照明のオバラ、計時係のマナ、役者のザワ、アサノ、マイ、そっくりでよく間違えられるマサシとタカシ、そして赤点を多数とってしまい、優秀な妹にコンプレックスを抱いているヒロシ。本当は二か月前までは部員は十一人いた。部長だったランは病気のため、亡くなってしまったのだった。そのことを受け止めきれていない部員もいるし、逆にだからこそ頑張らなくてはと気負っている者もいる。言いようのない空気があった。今日はコンクール前の舞台研修会(リハーサルのようなもの)。渡されたばかりの台本。それは、ランが亡くなる間際に病床で完成したもの。太宰治の「走れメロス」のパロディだが、そのあまり面白くない台本には実は秘密が隠されていた。舞台研修会の客席で幕も上がらないままに、その台本を読み出す部員。やがて、謎のランナーが客席を走り出す。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる(準上演可)
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(5)
 
感動巨編(5)
 
お笑い(35)
 
ミュージカル(17)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(35)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/1/22 21:40:32現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム