誰かのためにと彼女は言った。

(だれかのためにとかのじょはいった)
初演日:0/0 作者:霜沢恵
誰かのためにと彼女は言った。

アリス…高校3年生。演劇部。最後の大会で念願の主演に抜擢されるが稽古中
    に急性骨髄性白血病を発症。感情的で浮き沈みが激しい。
ありと…典型的なB型男子と言われがちな陽気さとマイペースさ。しかし、
    現実にはALSの末期患者で寝たきり。
医者……いいおじさん。フランクな中に重厚な完成度を醸し出す。切れ者。
看護師…いい人。察しが悪い。車椅子を押す姿に憧れて看護師を目指した。
部員……アリスとのラブを醸し出すが、そこは全く本筋ではないので、最初と
    最後しか出てこない。素直じゃない奴。


1場 『発症』

  舞台の練習中。アリスがセリフを喋っているが少し身が入らない感じ。
  体がだるく、息苦しそう。時々セリフを噛む。


アリス「なんかセリフ」

  アリス息遣いが荒くなり、めまいでその場に崩れる。

部員 「アリス!?大丈夫か?アリス!」
アリス「大丈夫大丈夫。ちょっとめまいが…」
部員 「すごい熱じゃないか。病院行った方がいいんじゃないか?」
アリス「大したことないよ…そんなことより稽古をしなくちゃ…」

  アリス立ち上がろうとして、そのまま倒れる。(全暗)

部員 「アリス!!救急車!誰か救急車を呼んでくれ!」

  部員と他の人もアリスを呼び続ける。
  その間にアリスはパジャマに着替え、部員とアリスは位置につく。
  周りの声が小さくなる。アリスの声に変わる。
2場 『病院』

  病院の談話室。アリス、部員の真似を大げさにして部員を辱めている。
  部員、頭を抱えて恥ずかしそうにしている。
  下手から看護師に連れられて車椅子でありとがやってくる。ありとは表情も含めて
  ほとんど動かない。多分窓辺らへんで看護師が声をかけて去る。
  ありと、外をぼーっと眺めている。

アリス 「先生!アリスは、アリスは助かるんですか!?(とかなんとか)」
部員 「わかったから、もうやめてくれ」
アリス「必死すぎじゃない?まじウケる」
部員「誰のために必死になったと思ってるんだよ」
アリス「え〜、そんなにアリスちゃんのことが心配だったのかにゃ〜?」
部員「べ、別に、アリスがっとか、アリスじゃないとか、そーゆー話をしてるんじゃなくて、しゅ、しゅ、主演女優が倒れたら、み、みんな困るし、そ、そう!みんな心配してるんだ!」
アリス「そうだよね。稽古出られなくて、みんなに迷惑かけちゃうね。こんなんじゃ主演失格だよね」
部員「そんなことない!俺たちのことは気にしないでしっかり休めよ。アリスの出ないシーンをきっちり練習しとくからさ。来週には退院できるんだろ?」
アリス「うん。熱も落ち着いてきたし、明日はなんかちゃんとした検査をするらしいけど、それで何もなければ週明けには部活に顔出せるんじゃないかな。」
部員 「よかった。だいたい主演だとか言って気を張りすぎなんだよ。いつものアリスみたいにもっとテキトーっつーか、楽にっつーか…」
アリス「あれー?そんなにアリスちゃんのこといつも見てるのかにゃ〜?」
部員「…病人だからってあんま調子乗んなよ」
アリス「はーい、ごめんなさぁい」
部員「はあ、まあ、安心したよ」

  医者、やってくる

医者「やあ、アリスくん」
アリス「あ、先生、こんにちは」
医者2  「いやいや、こんなところでお熱を上げちゃって、若いねえ」
アリス12「いえ、おかげさまで熱は下がりましたよ」
医者3  「そういう意味じゃなくてねぇ(部員を見て)ねえ?」
部員 「え?熱下がってないんですか!?」
医者  「あーもー現代っ子、会話が楽しめないな…そろそろ検温だから病室にもどりなさい」
アリス「はぁい、じゃ、練習頑張ってね」
部員 「おう、じゃあな、また明日」
アリス「こなくていいよぉ、そんな暇があったら台本読みなさい」
部員「それもそうか。さすが主演女優様は言うことが違うなぁ。じゃあ、退院したらまた部活でな。」

  部員、去る。

医者 「明日も来て欲しいフラグを踏み抜いたぁ。」
アリス「先生、さっきから何言ってるんですか?私も病室もどりますね」
医者 「あ、はい、戻ってください」

  アリス、去る。

医者「なに?最近の子って駆け引きとかないの?わかんないなぁ」

  医者、ありとを見つけて近寄る。

医者「ありとくん、今日は随分調子が良さそうだね。ん?あの二人が気になった?ああ、アリスちゃんね。そうなんだ。長い付き合いになるかもしれない。え?そうだよ。よくわかったね。うん、そうだといいね。さ、君ももう病室に戻ろう。」

  医者、ありとの車椅子を押して去る。



3場 『告知』

  診察室。アリス、医者、座っている。看護師、立っている。

アリス「……急性骨髄性白血病?」
医者 「そう、血液を作る造血幹細胞が正常に働かなくなり、健康な血液を作ることができな
    くなる、免疫力が低下する病気だ。簡単に言うと血液の癌だよ。」
アリス「…それは…治るんですよね?」
医者 「白血病の治療にも色々あるけど、抗がん剤を用いた化学療法が一般的だね。ただし、人によって効果があったりなかったりで、必ず完治するとは限らないんだ。それにアリスちゃんの場合、病状の進行が早くてね…」
アリス「じゃあ……治せないんですか?」
医者「いや、治せないわけじゃない。抗がん剤の他にも造血幹細胞の移植による治療というのもある。これが成功すればほぼ確実に治る!」
アリス「それなら、そのナントカ移植をしてください!」
医者「そんな簡単な話じゃないんだ。骨髄の移植は拒絶反応が起こる可能性も高いし、体への負担も大きい。何より、君の血液に適合するドナーが見つかるかどうか。」
アリス「適合ってそんなに難しいんですか?」
看護師「血を分けた兄弟姉妹でも25%、血縁関係のない人では数百万分の一といわれています。」
アリス「数百万・・・でも、血液型って4種類じゃないんですか?」
医者「それは赤血球のABO式血液型だね。骨髄移植では赤血球は関係ないんだ。白血球のHLA型というものが一致する必要があるんだよ。」
アリス「それが、数百万分の一……でも、日本には1億人以上の人がいるわけだし…」
医者「とりあえず、お母さんの骨髄を検査することになったから。」
アリス「ママ…だけ?」
看護師「骨髄採取まで早くて1ヶ月、採取には4日間の入院が必要だからね。」
アリス「パパはお仕事あるもんね…」
医者「とにかく、今日からしばらく病院暮らしだ。病室も今日から長期入院者用の病室に変わるからね。」
アリス「長期入院ってどれくらいですか?…2ヶ月後の大会は?」
医者「…………。」
看護師「残念だけど。」
医者「…奇跡的に退院できたとしても体力的に役者は難しいだろうね。」
アリス「…そうですか……わかりました」
医者「(看護師に)病室に案内してあげてくれ。」
  
  医者、去る。
     

4場 『アリスとありと』

  照明だけ変化。

看護師「…病院内は自由に歩き回って構いません。必要なら車椅子を使用してください。」
アリス「……………。」
看護師「…今はゆっくり休んでください。何かあったら遠慮せずにナースコールを押してください。」
アリス「……………。」

  看護師、去る。
  ありと、カーテンの奥からでてきてアリスの車椅子に乗る。

ありと「…こんにちは!新入りさん!!」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム