じつのなんとか(大人版)

(じつのなんとか)
初演日:0/0 作者:なつみ(ダブルクラブ)
じつのなんとか

【場面A-1/居酒屋】
 失恋した松下の話を田中が聞いている。

松下「女ってさ、どうして大切だった物をあんなに簡単に手放せるんだろうな。あんな出会い方して、あんな風に過ごして、あんな別れ方して、なんであんな風に何も無かったみたいにできるの。
例えばよ、結婚した相手が死んで、再婚しても、その前の旦那の事はやっぱり大切に思ってるわけじゃん。それは成立してるわけじゃん。なんでなんじゃん。俺とは何が違うんじゃん。
田中「だってなあ、お前生きてるしなあ。──お前も死んだらいいんじゃない?」
松下「死なねえよ! 生きるよ! じゃあさ、例えばさ、義理の親と実の親がいてさ、義理の親は血のつながりの無い赤の他人じゃん。それなのに実の親よりも絆が深かったりするじゃん。それはなんでなんだよ?」
田中「例えが遠すぎてよくわかんないけど、それは過ごした時間の違いとかじゃないの?」
松下「だったら俺だって同じじゃん! 五年だよ五年? それだけ長い時間一緒に過ごして来たわけじゃん!」
�����֤��äƤ��������ƤƤʤ����ʤ���
松下「育ってるよぉ!」
�����֤�����ʢ������
�����ֲ���ʢ�����ͤ��衪�������ۤ����衪��
田中「自己完結してるじゃん」
松下「共に育てて来たんだよ!」
�����֤������Ϥ��Ϥ���
松下「しかもさあ、別れ話する前に見た映画がさ、ちょうど実の親と育ての親の話でさあ、それをきっかけに別れ話されてさあ。『私たちも、おんなじだね』って。同じじゃねえよ! 何が同じなんだよ! 何? 俺のどこがダメなの? こういうトコ? なあ、俺って重い?」
�����֤����ʤˡ��νŤ�����
�������ۤ��νŤ����褪����
田中「あーごめんごめん。重い重い。でもさ、やっぱり男と女って違うのかもなあ」

 松下、話の途中でスピーと寝る。

田中「このタイミングで寝る!?」

 松下、まどろみの中、意識の奥底へと沈んでいく。

【場面B/映画館の外?】

 どこかしらへ着地。松下が意識を取り戻し、あたりを見回す。

 藤原が現れる。

 松下、藤原の姿を見て胸がいっぱいになる。

 しばらくためらった後、話しかけようとするが、

�����֤��Ԥ�����

 田中が現れる。藤原、田中と腕を組む。
 その姿に驚きを隠せない松下。


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム