白昼にレールを

(はくちゅうにれーるを)
初演日:2020/2 作者:霜村涼果
『白昼にレールを』

登場人物

A 坂東 丈(ばんどう じょう)  ジョー
B 神崎 寧々(かんざき ねね)  ねね
C 矢実 陸(やざね りく)    りっちゃん
D 漆間 和沙(うるしま かずさ) ウル
E 津島 柊花(つしま しゅうか) シューカ
F������ �Ʋ��ʤ��ͤ� �ʤĤ��ˡ����ʤä�
G 宮澤 健彦(みやざわ たけひこ)ヒコ
����


������[��]��ž
   舞台上は一見ぐちゃぐちゃな感じ。大道具(椅子でも、机でも、箱でも)がとにかく足の踏み場もなく、ひっくり返ったり積み重なったりしている。そこに、小道具が要るもの要らないもの様々散らばっている。がらくた置き場のよう。
   A、D、Eが思い思いの場所に座っている。

D   「子どもが水に落ちたんですよ。」
E   「もう駄目です。落ちてから四十五分経ちましたから。」
A�������ֻ�ǰ������
D   「本当に死んじゃったのかな?」
E   「死んじゃったと思う?」
D�������ַ��Ϥɤ��פ�����
E   「私は、死んじゃったと思うな。」
A�������֤����ɡ����ͥ��Ͼ��äƤ��ʤ��ä��衣��
D�������ֶ���Ŵƻ�ˡ���
A   「うん。」
E   「あれは死んだ人が乗るの?」
A   「カムパネルラは死んだよ。」
D   「かおる子とタダシと、それから家庭教師も死んだね。」
E   「船が沈んだんだよ。」
D   「エンダァァァァァ……」
A   「(遮って)カムパネルラは確かに死んだ。」

   F、入ってきて適当なところに座る。寝てもいい。

E   「(Fに)ねえ、カムパネルラは死んじゃったと思う?」
F   「知らないよ。死んだんじゃない。」
E�������֤�������

�������֡�

F   「Kは死んだよ。」
D   「先生は?先生は死んだと思う?」
F   「死んだ。」
D�������֤ɤ����ơ���
F�������֤�������
E   「お前が殺したんだろう。」
F   「私が殺したんじゃないよ。勝手に死んだんだ。」
A   「とにかく、死んだんじゃないか。」
F�������֤������͡���

   B、C、入ってきて教科書を広げる。

A   「ねえ、カムパネルラは死んだの?」
C   「それは天の川だ。天の川は銀河だ。」
B   「銀河ってのはたくさんの星だ。」
C   「これは白鳥。こっちは赤い蠍の火。」
B   「ここは真っ黒、底なしの石炭袋だ。」
A   「君はそこにいるの?」
B   「石炭袋は天国だよ。」
C   「ジョー、今日は銀河のお祭りだよ。」
B   「烏瓜の灯りを川へ流すんだね。」
D�������ֱ����βָ��դϡؤ褭�ؤ��١���
F   「烏瓜って食べられるの?」
D   「さあ。鳥も食わない烏瓜って言うからね。食べられないんじゃない。」
E   「すこぶる苦いらしいよ。」
F�������֤�������
C   「カムパネルラ、行こうよ。お祭りだよ。」
B   「うん。行こう。」
A�������֤����ä��ԤäƤ衣��
C�������ֲ�����
A   「答えはどうなの。」
C�������ֲ������衣��
A   「だから、カムパネルラは死んだのかって。」
C   「さあ、どうなんだい。」
B   「死んだかも。」
F   「死んだかもって、分からないの?」
B   「だって、死んだことないんだもん。どうやって死んでるとか死んでないとか分かるの?」
F���������㤨�С�ŷ�Ȥ��ؤä����Ĥ��Ȥ�������
B   「ついてる?」
F�������֤��䡢�Ĥ��Ƥʤ�����
B   「じゃあ死んでないんじゃない?」
F   「それだけじゃないよ、たぶん。」
D   「壁をすり抜けられるようになるとか?」

   B、勢いよく大道具に触って、「いってぇ〜」。

E   「何をもって死とするのさ。」
D�������֤��������äѡ���¡���ߤޤä��餸���ʤ�����
E   「でも、心臓が止まっただけなら、まだ希望があるかもしれないじゃない。」
F   「(適当に指をさすなり、言葉を足すなりして具体的に)そこのあなた、AEDを。あなたは救急車を呼んで。」
E�������֤������Ǥ��ġġ�
A�������ֲ�����
E   「45分経ったから、もうだめかもしれない。」
B   「やっぱりボクは死んだんだ。」
D�������֤��㤢�������ϡ���
F   「やっぱり死んだよ。きっと死んだ。」
D�������֤ɤ����ơ���
F   「だって、『先生と遺書』だもの。第3部のタイトルが。」
E   「その遺書ってのがKの遺書だった可能性は?」
F   「ああ、そんなこと、考えたこともなかったな。」
D   「書いた張本人が考えたことないって言うんだから、やっぱりその可能性はないんじゃない。」
E�������ֳΤ��ˡ���

�������֡�

D   「けんちゃんは死んだ?」
F   「けんちゃんって誰?」
D   「けんちゃんだよ。」
F   「ああ、けんちゃんね。」
E   「けんちゃんは死んだろう?」
C   「ああ、死んだ。」
B   「じゃあやっぱりボクは死んでないかもしれないね。」
G(声)「ハルくんは死んだ?」

   全員、きょろきょろ。

F   「ハルくんって誰?」
E�������֤�������
D���������Τ��ʤ�����
C   「カムパネルラなら死んだよ。」
B   「ボク、死んでないよ。」
C   「死んだってば。私は生きてるんだもの。」
B   「そう、一緒には助かれないのね。」
F   「やっぱりハルくんは死んだね。」
D�������֤ɤ����ơ���
F��������ï���Τ��ʤ����顣��
E   「それは確かにそうかも。」
B   「(Aに)ジョーはボクのこと知ってるでしょ?」
A   「もちろん。ねねのことは知ってるよ。でも、カムパネルラがどうなったのかは僕には分からないな。」
C   「じゃあ、ザネリは死んだ?」
A   「ザネリは死んでないよ。お父さんが連れて帰ったんだろう。」
C�������֤�������
A   「カムパネルラのお父さんがそう言ったんだ。」
E   「いや、そう言ったのはマルソだよ。君のクラスメイトだろう。」
A�������֤������������ä����⡣��
F   「ザネリを連れて帰ったのはザネリのお父さん?」
A�������֤������衣��
C   「君は私のこと知ってる?」
A   「もちろん。りっちゃんのことは知ってるよ。」
C   「ザネリは死んだ?」
A   「ザネリは死んでないよ。死んでないってば。」
C   「じゃあカムパネルラは死んだのかもね。」

   B、C、ハケる。
   A、教科書を手に取る。

D   「もしこの天の川が本当に川だと考えるなら、星は、みんなその川の底の砂や砂利にあたるわけです。」
E   「またこれを大きな乳の流れと考えるなら、もっと天の川とよく似ています。」
F   「つまりその星はみな、乳の中にまるで細かに浮かんでいる脂油(しゆ)の球(たま)にもあたるのです。」
A   「ミルキーウェイですか。」
D   「そんなら何がその川の水にあたるかと言いますと、それは真空という、光をある速さで伝えるもので、太陽や地球もやっぱりその中に浮かんでいるのです。」
E   「つまりは私どもも天の川の水の中に棲んでいるわけです。」
F   「そしてその天の川の水の中から四方を見ると、ちょうど水が深いほど青く見えるように、天の川の底の深く遠いところほど星がたくさん集まって、白くぼんやり見えるのです。」
D   「ほら、この模型を……」

   D、模型を探す。

D   「あれ、模型は?」
A   「おーい、りっちゃん!」
C�����ˡֲ�����
A���������Ϸ��Τ��ʤ�����
C(声)「知らないよ!誰かが持って帰ったんじゃない?」
F   「あんなの誰も持って帰らないでしょ。かさばるし。」
D�������֤����㤽��������
E   「この間大掃除した時に捨てちゃったんじゃなかった?」
C�����ˡ֤������������ä����⡣��

   G、ぬいぐるみ(何でもいいけど、絶妙なセンスのがいいな)を持って入ってくる。

G   「とりあえずこれでも使っときなよ。」
F�������֤����ҥ����Ϥ褦����
G   「うん、おはよう。」

   D、Gからぬいぐるみを受け取る。
   G、端の方に座る。

D   「(でたらめにぬいぐるみを使いながら)この模型をごらんなさい。」

   D、Eにぬいぐるみを渡す。

E   「私どもの太陽がほぼこの真ん中ごろにあって地球がそのすぐ近くにあるとします。」

   E、Fにぬいぐるみを渡す。

F   「こっちの方はレンズが薄いので光る粒、即ち星はわずかしか見えないのでしょう。」

   F、Dにぬいぐるみを渡す。

D   「こっちやこっちの方はガラスが厚いので、星がたくさん見えて、その遠いのはぼうっと白く見える、というこれがつまり、今日の銀河の説なのです。」

�������β��ϥ��㥤���β�
   D、Gにぬいぐるみを渡す。

G   「今日はその銀河のお祭りなのですから、皆さんは外へ出てよく空をごらんなさい。」

   [照]照明が暗くなる

A   「綺麗な星空だね。」

A、 大きくあくびをしてその場で寝る。

�������β��ϵ�ū
   D、E、F、G、立ち上がる。

D���������ͤ�Ω�ɤʵ��ؼ֤�����
E   「ここは勾配だから速いぞ。」
4人  「ぐうんと電灯を通り越して、」
F   「こんどは、僕の影法師はコンパスだ。」
4人  「くるっと回って、前の方へ。」
G   「ケンタウルス、」
A���������Ԥäơ���

A、 バッと起き上がる。

A   「色々あっただろ、その辺に。」

   D、E、F、それぞれ望遠鏡、汽車の模型、星座板(に見立てた何か)を探して手に取る。(誰がどれでもいいや)
   全員が物をもって元の場所に戻ったらAは再び寝る。

D���������ͤ�Ω�ɤʵ��ؼ֤�����
E   「ここは勾配だから速いぞ。」
4人  「ぐうんと電灯を通り越して、」
F   「こんどは、僕の影法師はコンパスだ。」
4人  「くるっと回って、前の方へ。」
G   「ケンタウルス、露を降らせ。」

�������ξȡϰ�ž

�������ξȡ���ž
   B、C、Dが思い思いの場所に座っている。

声   「佐助、わてそんなこと教えたか。」
声   「あかん、あかん、弾けるまで夜通しかかったかてやりや。」
声   「阿呆、何で覚えられへんねん。」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム