浩重と三人の彼女

(ひろしげとさんにんのかのじょ)
初演日:2020/3 作者:岡崎美加
『浩重と3人の彼女』

浩重(ヒロシゲ)
理恵(リエ)
�¡ʥߥΥ���
紗希(サキ)

  〇渋谷駅の改札前。
  理恵が一人佇んでいる。
  遅れて浩重が登場。

浩重「理恵、お待たせ。」
理恵「ううん?今来たとこ」
浩重「それなら良かった。…行こうか」
理恵「ええ。」

二人腕を組んで歩き始める。

理恵「ねえ、考えてくれた?」

浩重、ピタッと止まる。

浩重「何をだい?」
理恵「やーね、誕生日プレゼントよ。私の。決まってるじゃない」
浩重「あ、あー…プレゼントね、うん。でも、やっぱり俺の給料じゃ理恵が欲しがってるカルティエの時計なんて無理だよ」
理恵「無理な事ない」
浩重「無理なんだよ理恵。大体、君が欲しがる物はいつだって高すぎるんだ」
理恵「でも、今までは買ってくれたじゃないの」
浩重「おかげで俺は貯金が0だ。理恵の誕生日とクリスマスの為に毎月貯金してボーナスを全額つぎ込んでいる。」
理恵「今年もそうしてよ」
���šִ�ñ�˸������ɤ����ʡ�

  カップルが言い争っている中、グラサンをかけてセレブ風な女の実が現れる。

�¡֤��顩���Ť����ʤ���

  実、ツカツカと2人に歩み寄っていく。

実「どうしたの?浩重。こんな場所にいるなんて」
理恵「誰?」
���š֤��䡢�Τ��ʤ���
実「やだ、私よ。私。実(ミノリ)よ。ほら(グラサンを外す)」
浩重「…すみません、どなたかサッパリ…」
実「何をとぼけているの?ねえ、それより、誰よこの女」
理恵「え?私ですか?」
�¡֤�������
理恵「私は鈴木理恵(スズキリエ)と申します…」
実「ふうん?で?」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム