平民王女は道無き道を

(へいみんおうじょはみちなきみちを)
初演日:0/0 作者:あかざとう
『平民王女は道無き道を』

推奨キャスト数:9名─18名

登場人物:
・エステル(女)─セントユース王国の第5王女。武器は剣。
・アーネスト(男)─エステルの侍従。武器は剣。
・ジェフリー(男)─ヒース傭兵団所属の剣士。武器は剣。
・マーク(女)─元傭兵の魔道士。武器は魔法の杖。
・エポニーヌ(女)─セントユース王国の第1王女、エステルの異母姉。武器は剣。物語のナレーターも務める。
・フォレット公(男)─セントユース王国の地方領主。武器は魔法の杖。
・国王(男)─セントユース王国の当代国王。傭兵、騎士、兵士との兼役可能。
・王妃(女)─セントユース王国の王妃。傭兵、騎士、兵士との兼役可能。
・傭兵─傭兵団所属の傭兵たち。2名程度推奨。国王、王妃、騎士、兵士との兼役可能。
・騎士─所属不明の謎の騎士たち。3名程度推奨。国王、王妃、傭兵、兵士との兼役可能。
・兵士─フォレット公の私兵たち。3名程度推奨。国王、王妃、傭兵、騎士との兼役可能。
・弟(男)─エポニーヌの弟。声のみの出演。各種役との兼役可能。
・妹(女)─エポニーヌの妹。声のみの出演。各種役との兼役可能。


○セントユース王城・回廊

   王城の長い廊下。本編開始9年前の回想。
   セリフのある2人以外にも、数人の弟妹たちがエポニーヌを追いかけている設定。

エポニーヌ(声)「はあっ、はあっ、はあっ…」

   エポニーヌ、入場し舞台上に立つ。
   スポットライト点灯、エポニーヌを照らす。

妹(声)「いたわ!むこうよ!」
弟(声)「よし、逃がすな!」
エポニーヌ「あ…あ…」
妹(声)「おとなしくしててね、姉上。」
弟(声)「抵抗しても無駄ですよ、姉上。」
エポニーヌ「や…やめて、お願い…ちゃんと、謝るから──」
妹(声)「んー…ごめん、別に姉上が悪いわけじゃないんだけどね。」
エポニーヌ「じゃ、じゃあ──」
妹(声)「でも姉上って、私たちからしたらただの邪魔だし。」
エポニーヌ「え…」
弟(声)「母上が言ってたんです。姉上さえいなければ…僕が国王になれるって。」
エポニーヌ「そ、そんなことの、ために、こんな──」
弟(声)「そんなこと、ですか…余裕でいいですよね、嫡子のお方は。」
エポニーヌ「ね…ねえ待ってよ、あたしたち、同じおうちの…きょうだい、でしょう?おかしいわ、こんな風に争うなんて…」
妹(声)「同じ?よく言うよね。なにもかも最初っから持ってるくせに。」
エポニーヌ「え…?」
弟(声)「僕らのことなんてなめ腐ってたんでしょう?しょせん半分平民じゃ、国王なんかになれっこないって。」
エポニーヌ「な…なに言ってる、のよ──」
弟(声)「まだシラを切るおつもりですか?まったく、さすが貴族様は違いますね。」
エポニーヌ「貴族、様…?あんたたち、あたしのこと、そんな──」
妹(声)「もーいいよ、殺しちゃお。」
弟(声)「ああ。では──さようなら、姉上。」
エポニーヌ「や、やめて!来ないで!」

   エポニーヌ、剣を斬りつける動作をする。

弟(声)「ぐっ…」
妹(声)「ああっ…」
エポニーヌ「…はあ…はあ…」
妹(声)「…ほら、やっぱ…そう、なんじゃん。」
エポニーヌ「ち、ちが…」
弟(声)「自分が、生き残るためなら、僕らの命なんて…どうでもいいん、でしょう?」
エポニーヌ「ちが…違うの、あたしは…」
妹(声)「妹だなんて──」
弟(声)「弟だなんて──」
妹、弟(声)「思ったことないくせに。」

   人の倒れる音。

エポニーヌ「…あ…あ…いやあああ!」
王妃(声)「エポニーヌ!どうしたのですか、エポニーヌ!」
国王(声)「騎士団!騎士団を呼べ、早く!」

   暗転。開演ブザーの音。
   エポニーヌ、退場。


○プロローグ

   フォレット公、舞台上に立っている。  

エポニーヌ(声)「むかしむかしあるところに、セントユース王国という大きな国がありました。賢明で慈悲深い王様に恵まれたセントユースでは、人々が幸せに暮らしていました──ある場所を除いては。」

   スポットライト点灯、フォレット公を照らす。

フォレット公「働け、愚民ども!領主様に感謝して、税を納めるのだ!
──むむっ?貴様、恐れ多くも生意気な!この私こそがフォレット公であるぞ!
──なっ、わざとだと?ええい、この無礼者の首をはねよ!」

   フォレット公、威張り続ける。
   スポットライト消灯。フォレット公、退場。

エポニーヌ(声)「王国の片隅に広大な領地を持つ貴族・フォレット公。フォレット公は領民に重たい税を課し、私腹を肥やしていました。少しでも抵抗すれば、公爵家の取り巻きたちに処刑されてしまう日々。フォレット公爵家に暮らす人々は、日々苦しんでいました。
この事態は、もちろんセントユースの王様の知るところとなっていました。ですが、相手は国内有数の名家であるフォレット公爵家。いくら王様といえども、貴族の領地にはなかなか手を出せずにおりました。加えて王様は、他にも悩みごとを抱えていたのです。」

   国王、王妃、入場。
   スポットライト点灯、国王と王妃を照らす。

国王「ごほっ、ごほっ…」
王妃「あなた、しっかりなさって。」
国王「どうしたものか…」

   国王、王妃、相談を続ける。
   スポットライト消灯。

エポニーヌ(声)「病にかかり自らの死期が近いと悟った王様は、自分の次の国王──王位継承者を決めなくてはなりませんでした。ところが王様は悩んでしまい、なかなか結論を出せずにいたのです。なにせ国王になれるのは1人だけなのに、王様には2人の娘がいたのですから。
フォレット公の圧政と自身の後継者決め。2つの問題に苛まれた王様は何一つとして具体策を出せないまま、心身ともにすり減らし続ける毎日を過ごしておりました──」


○セントユース王城・国王の私室

   休息中の国王の私室。舞台中央に豪華な車椅子がある。
   国王、車椅子に乗っている。王妃、国王の隣に立っている。
   明転。

国王「いや…やはりここは…」
王妃「まあ、決まったのですね?」
国王「いや…しかしな…」
王妃「…あなた、そろそろ決断を下しましょう。もうじゅうぶん悩まれたはずですよ。」
国王「いや、まだなにか…よりよい案が…」
王妃「あなたがこうして悩まれている間にも、フォレット領では民が苦しんでいるのです。
これ以上放ってはおけませんわ。」
国王「わかっている、わかっているのだがな…下手に私が介入すれば、貴族たちの反感を買うだろう。うかつに動けんのだ。」
王妃「でしたらやはり、配下の者を派遣されては?」
国王「それも考えたのだがな…半端な人間ではフォレット公に潰されかねんだろう。
やはりそれなりの身分の者が赴くべきでは…」
王妃「では、他に案が?」
国王「今考えているのだ。」
王妃「あなた、1週間前にも同じことをおっしゃっていましたよ。」
国王「…そ、そうか。」
王妃「困りましたねえ。」
国王「困ったなあ…」
王妃「そういえばあなた、あちらの件はどうされましたか?」
国王「まったく決まっておらん。」
王妃「いずれも進展なし、ですか。」
国王「本当に…本当に、立派に育ってくれたとは思わんかね。エステルも、エポニーヌも。」
王妃「ええ、そうですね。」
国王「だからこそ、どちらかを選ぶなどできないのだ。」
王妃「それでもいつかは選ぶしかないのですよ。あの子たちだって、言わないだけできっと気にしているはずです。」
国王「…なあ、どちらがよいと思う?」
王妃「ご自分でお考えください。」
国王「相変わらず手厳しいな、お前は。」

   ノックの音。

王妃「どなた?」
エポニーヌ(声)「エポニーヌです、母上。」
国王「ああ、入れ。」
 
   エポニーヌ、入場。

エポニーヌ「お休みのところ失礼します、父上、母上。」
王妃「いいのよ、顔が見られて嬉しいわ。」
エポニーヌ「父上、本日も先ほど直訴の者が。」
国王「フォレット領民か…」
王妃「本日も…ということは、以前も彼らが?」
エポニーヌ「はい。近頃かなり頻繁に、領主の圧政を告発する民が訪れています。
可能な限り時間を取って私が対応しております。」
王妃「まあ、そんなことが…」
国王「ああ、痛ましい限りだ。」
エポニーヌ「(独り言の音量で)まったく、薄汚い平民の分際でこの城の敷居を跨ぐだなんて…」
王妃「ありがとう、忙しいのに。」
国王「すまないな、エポニーヌ…本来なら私が出向くべきところを、お前に任せきりにしてしまい。」
エポニーヌ「ああ、いえ。この程度、第1王女として当然の務めですから。雑務は私に任せて、父上はゆっくりとお休みになってください。」
国王「休む、か…そうもいかんのだがな…」
エポニーヌ「やはり、フォレット公のことですか?」
国王「…ああ、そうだな。」
エポニーヌ「あの男…ご病気の父上をさらに苦しめるなど、許しがたいですね。」
国王「そうは言ってもな…臣下の過ちを正すのも、王家の役目だろう。」
エポニーヌ「なにか対策を打たれる予定は?」
国王「…まだ立っていないな。」
王妃「はあ。」
エポニーヌ「──ああ、そうでした。実は私、フォレット公の件に関して1つ提案がございまして。」
国王「ほう、なんだ?」
エポニーヌ「いくら公爵家が有力といえども相手はしょせん地方領主、国王陛下御自ら調査に乗り出すというのはいささか不釣り合いでしょう。なによりそのお体でフォレット領へ向かうのは危険すぎます。」
王妃「ええ、その通りですね。」
エポニーヌ「ですが、奴に対抗するためにはやはり王家の力が必要不可欠というお考えもよくわかります。そうなると──」
国王「…ちょっと待て。エポニーヌ、お前が行くつもりなのか?さすがにそれは──」
エポニーヌ「いえ。本来ならば第1王女たる私が父上の代理として赴くべきではありますが、それでは通常の政務が手薄になるかと。」
国王「そ、そうだな。なにからなにまで頼りきりですまない。」
王妃「では、他に誰が?」
エポニーヌ「いるでしょう、もう1人。ちょうど離宮で暇をしているのが。」
王妃「──えっ?」
エポニーヌ「あの子なら貴族とのしがらみも少ないですし、公務もほとんどないから私たちより自由に動けるはずです。王族の仕事を学ばせる上でも、フォレット公の件を任せるのは得策かと思いますよ。」
王妃「それは…そうかもしれないわね。あの子も立派な王家の一員だものね。」
エポニーヌ「いかがでしょうか、父上。我が妹も喜んで引き受けると思いますが。」
国王「…エステルを、フォレット領に派遣するというのか?いや、しかしなあ…」

   エポニーヌ、国王、王妃、退場。

エポニーヌ(声)「王様の2人の娘のうち、1人はエポニーヌと言いました。王様と王妃様の間に生まれたエポニーヌは文武に秀でており貴族たちからの覚えもよく、父の政務を懸命に支えておりました。
一方、もう1人の娘は…王様に見初められた、平民の女を母に持っておりました。ところがこの王女は王族にあるまじき行動を繰り返す、少し困った王女だったのです──」


�����祉�潟����⓾�若�合�������√佈��私賢綺�

   王城の離宮に設けられた美しい中庭。舞台上手側に高い城壁がある。
   エステル、アーネスト、剣の手合わせをしながら入場。

エステル「はあっ!」
アーネスト「くっ…!」
エステル「やあっ!」
アーネスト「はあっ、はあっ、はあっ…」
エステル「あら、もう限界なのですか?」
アーネスト「でっ、殿下は…余裕そうですね、はあっ…」
エステル「隙あり、ですわよ。」

   エステル、アーネストの剣を弾き飛ばす。

アーネスト「あっ!」
エステル「51戦51勝目、ですわね。」
アーネスト「はあ…お見事です、殿下。」
エステル「アーネスト、近頃すぐに息が上がりすぎじゃありませんこと?」
アーネスト「も、申し訳ありません…体力の限界で…」
エステル「もう、張り合いがありませんわね。」
アーネスト「殿下、訓練はこのあたりにいたしましょう。本日は11時からピアノのレッスン、14時から仕立て屋との面会が──」
エステル「アーネスト。」
アーネスト「はっ、はい。」
エステル「そちら、すべてキャンセルしておいてくださいませ。」
アーネスト「えっ、なにか急なご用事が?」
エステル「今日こそ、1人で街に出てみせますわ!」
アーネスト「殿下、お願いですから諦めてください。」
エステル「わたくしの辞書に不可能の3文字はありませんのよ。」
アーネスト「せめて騎士団をつけましょう、そうすれば陛下のお許しも出るはずです──」
エステル「では行ってまいりますわね。」

   エステル、城壁を登り始める。

アーネスト「って殿下!前回も大変ご立腹でしたよねー!」
エステル「姉上でしたら今頃は父上と──」
エポニーヌ(声)「邪魔するわよ。」

   エステル、城壁から降りる。
   エポニーヌ、車椅子に乗った国王、王妃、入場。

エステル「まあ!おはようございます。」
エポニーヌ「エステル、あんたまた脱走しようとしてたわね。」
エステル「なんのことでしょうか?」
エポニーヌ「城壁を登ろうだなんて、半分平民の考えることは違うわ。」
エステル「お褒めに預かり光栄です。」
エポニーヌ「野蛮って言ってるのよ。まったく、血は争えないっていうのかしら…」
国王「まあまあ、そのあたりにしなさい。」
エポニーヌ「お言葉ですが父上、父上はエステルに甘過ぎます。あれの振る舞いは王族として目に余るのもが──」
王妃「だとしても、血筋にまで触れる必要はないでしょう。同じ父の元に生まれた、たった2人の大切な姉妹ではありませんか。」
エポニーヌ「…失礼いたしました。」
エステル「父上、母上、姉上までお揃いで…なにか大事なお話ですか?」
エポニーヌ「エステル。フォレット公の圧政については聞き及んでいるわね?」
エステル「はい。重税を課され苦しんでいる民がいると伺い、胸を痛めております。」
エポニーヌ「なら話は早いわね。エステル。」
エステル「はい。」
エポニーヌ「フォレット領に赴き、奴の不正を暴いてきなさい。」
エステル「えっ!わたくしが…フォレット領に?」
エポニーヌ「そうよ。あんたならできるでしょう?」
エステル「──はい、お任せください!」
アーネスト「で、殿下、本当によろしいんですか?まだほとんど政務のご経験もないのに──」
エポニーヌ「臣下は口を挟むんじゃないわよ。」
アーネスト「…失礼いたしました。では、護衛を手配してまいります。」
エポニーヌ「待ちなさい。今回派遣するのはお前たち2人だけよ。」
アーネスト「はっ?」
エポニーヌ「あまり大軍を引き連れて行って、フォレット公に警戒されても困るでしょう?身軽な2人で調査するのがいいんじゃないかしら。」
アーネスト「で、ですが──」
エポニーヌ「ん?」
アーネスト「…申し訳ございません。」
国王「な…なあ、やはり他の者に任せるべきではないか?いくらなんでも危険では──」
エステル「ご心配には及びませんわ、父上。」
国王「エステル…」
エステル「王家の一員として、わたくしも父上や姉上のお役に立ちたいんですの。ここはわたくしめにお任せください。」
国王「いや、お前はまだ世間知らずすぎるところが…」
エステル「だからこそ、でございます。立派な王族になるためには、一度この目で国を見て回らなくてはなりませんわ。」
王妃「あなた、信じてあげてくださいな。」
エポニーヌ「ええ、あれももう子供ではないのですから。」
国王「…わかった。エステル、お前にフォレット領の調査を命じる。」
エステル「喜んでお受けいたします!」
王妃「気をつけるのですよ。」
エステル「はい、母上。」
エポニーヌ「寄り道するんじゃないわよ。」
エステル「もちろん、可能な限り早く父上の憂いを晴らしてみせますわ。」
エポニーヌ「まあ、せいぜいがんばることね。」
エステル「ありがとうございます、姉上。」
国王「アーネスト…エステルを、頼むぞ。」
アーネスト「かしこまりました。」
エステル「それでは、行ってまいります!」

   エステル、アーネスト、舞台上手側に退場。

国王「…本当に、行ってしまったな。」
王妃「あなた、落ち着いてください。」
国王「相手はあのフォレット公だぞ…ああ、エステルや…」
王妃「あの子なら心配いりませんよ。」
 
   エポニーヌ、2人に気づかれないよう舞台上手側に退場。

エポニーヌ(声)「こうして、悪の貴族を成敗する使命を授かったエステル王女。心配する父を説得し、母と姉に激励され、平民王女の冒険の旅が始まりました。」

   国王、王妃、舞台下手側に退場。


������筝�

   エステル、アーネスト、入場。

エステル「やりましたわね、アーネスト!念願の外出ですわよ!」
アーネスト「おめでとうございます…」
エステル「できれば1人旅がよかったのですが…騎士団に囲まれていないだけじゅうぶん恵まれていますわね!ああ、それもこれも姉上のおかげですわ!」
アーネスト「僕は胃が痛いですよ…」
エステル「父上や姉上のご期待に添えるよう、がんばりましょうね!」
アーネスト「…あの、殿下。」
エステル「なにかありましたか?」
アーネスト「フォレット領、反対方向ではないでしょうか。」
エステル「ええ、そうですわね。」

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム