花に嵐

(はなにあらし)
初演日:0/0 作者:白石謙悟
花に嵐
 
登場人物
 
渡り鳥(男)
 
花(女)
 
妻(女)
 
子ども(不問)
 
 
 
 1
 
 とても険しい岸壁の中腹に、一輪、花が咲いている。
 吹き付ける強風を、身を屈めてやり過ごしている
 
 傍らに、渡り鳥がやって来る
 
渡り鳥 大丈夫かい、今日も風が強いね。
花   平気よ。慣れているもの。
渡り鳥 そうか。
 
 やがて、少し風が弱まる
 顔を上げて、渡り鳥を見る花
 
花   旅行は、どうだった。
渡り鳥 有意義だった。私も、家族も、見聞を広められたよ。旅の醍醐味だね。
花   あなたたちが暮らせそうな所はあったの。
渡り鳥 いや、駄目だ。暮らすとなると、話は別になる。
花   そう。
渡り鳥 環境は大事だからね。私だけの問題じゃあない。
花   大変ね。
渡り鳥 君が、それを言うかい。
花   環境、家族。本当、あなたは大変よ。
渡り鳥 そうかな。私は、当然のことだと思うけれど。
花   立派よ。あなたは、背負うものが多い。でも、それを当然と言ってのける。全
    部、家族の為なんでしょう。
渡り鳥 ああ、そうさ。家族は大切だ。妻も子どもも、私の一部のようなものだよ。
花   素敵ね。
 
 一陣の風が吹き、花が揺れる
 静かにその様子を見つめる渡り鳥
 
渡り鳥 君は。
花   何。
渡り鳥 家族は。

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム