デッドエンドの銃声
(デッドエンドのじゅうせい)
初演日:0/0
作者:白石 謙悟
作者へ連絡
初演会場
初演劇団
キャスト総数
5(男:2 女:3 その他:-)
上演時間
20-30分
あらすじ
――「誰だって、死ぬときゃ死ぬだろ。」

街の最果てにひっそりと佇むバー「DEAD END」。
瀟洒でムーディな店内には、今宵もある業界の者が集う。

……「殺し屋」。

3人組で仕事を行う女たちがカウンターで歓談している。
静かにグラスを磨くマスター。

「シャーク」と呼ばれる女の、
怒気を含んだ声が響くところから、物語は始まる。
著作権使用料
独自規定
追記
無料です。
ご使用の際はご連絡をお願いします。
その他
伊坂幸太郎さんの殺し屋シリーズに
多大な影響を受けて書いた台本です。

個々のキャラクターをもっと掘り下げたいので、
続編か、過去か、
はたまたサイドストーリーになるかはわかりませんが
シリーズとして書きたいと、淡く考えています。

2020/08/11
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(0)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(100)
 
青春もの(0)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/8/11 14:06:58現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム