時計のある風景
(とけいのあるふうけい)
初演日:2011/7
作者:岡田昌悟
作者へ連絡
初演会場
御津ハートフルホール
初演劇団
キャスト総数
15(男:6 女:7 その他:2)
上演時間
55分
あらすじ
ある商店街の時計店。一人できりもりする祖父とその姿を見つめる孫。
時計店をたたもうか否かという決断の折に舞い込む、時計修理の依頼。
それは祖父にしかできない修理であった。
とある町のシンボルともいえる大時計が震災によって止まってしまった。
その出来事をきっかけに交錯していく人々。祖父と孫、そして戦争と震災。
そして、時計が再び時を刻み始める時、家族に起こる奇跡とは。
著作権使用料
はりこのトラの穴の規定に準ずる
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(20)
 
感動巨編(50)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(0)
 
青春もの(30)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(0)
 
シリアス(0)
(2020/8/24 09:11:25現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム