KAIDAN
天鳥伝説異聞 もしも明日世界の終わりが来ても
(かいだん)
初演日:1999/7
作者:神崎あゆみ
作者へ連絡
初演会場
スタジオアルスノーヴァ
初演劇団
3月うさぎコーポレーション
キャスト総数
9(男:2 女:3 その他:4)
上演時間
75分
あらすじ
天鳥(あとり)伝説の残るある地方の山小屋に卒論の取材にやって来た
3人の大学生、拓、裕太、桃子。
村人は3人に夜は決して外へ出るなと言い含めた。
祭りの期間中、「天鳥様」に出会ってしまった者は異界へと連れ去られて
しまうからだ。
しかし、その少女は突然やって来た。
何かにひどく傷つき暗い目をした不思議な少女と、拓たちは3日間
共に暮らすことになるのだが・・・・
著作権使用料
独自規定
追記
1 高校生、学生の無料公演・・・カンパ制
               500円でも1000円でもいいと思う金額をお願い
               します。カンパしていただいたものは「はりこ
               のトラの穴」維持のために使わせていただきます。

2 アマチュア劇団の公演、学生の有料公演 ・・・6000円

3 プロの劇団の公演 ・・・・・応相談
その他
最低5人で上演できます。
約1時間に縮めたバージョンもあります。
ジャンル(:自己申告)
 
ラブストーリー(10)
 
感動巨編(0)
 
お笑い(0)
 
ミュージカル(0)
 
サスペンス(30)
 
青春もの(30)
 
時代劇(0)
 
SF(0)
 
ファンタジー(30)
 
シリアス(0)
(2020/8/6 23:10:08現在)

面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。

ホーム