新生活

(しんせいかつ)
初演日:2007/6 作者:にゃがえ
題名:「新生活」
作者:にゃがえ

登場人物
ƣ�����͡ʤդ��������ȡ�
ƣ�Ĺ��ҡʤդ����椭����
����ͤ���ʤʤ����椦����
中田久美子(なかだくみこ)
大野巡査(おおのじゅんさ)


     アパートの一室。
     たくさんの段ボール箱が散乱している。
     部屋の一角には、高く積まれた段ボール箱。
     その中で、一人の女(幸子)が箱の中身を取り出し、片付けている。
     そこへ、男(明人)が段ボール箱を持ってやってくる。

明人 幸子ー、これで最後だよ。

���ҡ�ʬ���ä�����

明人 うわー、部屋中段ボールだらけ。こりゃ片付けるの大変だなー。

幸子 ごめんね、荷物運ぶの全部任せちゃって。

明人 いいって。幸子は体調悪いんだから。昨日も病院行ってたんだろ?

幸子 あ、ばれてた?

���͡��ݸ��ڡ��ФƤ����顣

幸子 そっか。さっすが明人、愛する人のことよく見・て・る。

明人 それにしても荷物多いなー。

幸子 無視?…しょうがないよ、二人分の荷物だもん。

明人 それもそうか。だいぶ実家に残してきたつもりだったんだけどな。

幸子 その分私がいっぱい余計なもの持ってきたもん。

明人 おいおい…。…あのさ、ごめんな。

���ҡ����á�������

明人 いや、二人の新居が、こんな安アパートで、さ。

幸子 いいっていいって。これから二人で頑張って、もっともっといい家に住むんだから。

明人 うん、二人で…。

幸子 二人で…。

���͡����ҡġ�

���ҡ����͡ġ�

     いいムードの二人。
     と、段ボール箱の中の目覚まし時計が鳴り出す。

明人 うわっ!…何?目覚まし?

幸子 私が使ってたのだ。あー、箱の中でスイッチが入っちゃったんだ。

���͡��ɤ�Ȣ��

幸子 こっちみたい。(目覚まし時計を次々取り出し)これじゃないし、これでもない、これも違う…。

���͡����硢�����äȡ�

幸子 …あ、あった。(目覚まし時計のスイッチを止める。)あー、びっくりした。

明人 っていうか、なんでこんなに目覚まし時計が?

幸子 だって、これからは毎朝、早起きして愛妻弁当作ろうと思って。ごはんにねー、桜でんぶでピンクのハート描くの。

明人 いや、ピンクのハートはちょっと…。

幸子 じゃあ真っ赤?梅干しでハートとか描けるかな?

明人 いや、色のことじゃなくて…。弁当はありがたいけど…目覚ましはこんなにいらないんじゃ…。

幸子 最近朝起きられないんだよねー。

明人 なら、そんなに無理しなくていいよ。…今何時?

幸子 いつも六時にセットしてるから、六時だよ。

明人 げっ、もうそんな時間?

幸子 夕飯どうしよっか?今日は外で食べる?

明人 夕飯も考えなくちゃだけど、その前にお隣さんにあいさつに行かなくちゃ。

幸子 え、引越しのあいさつなんてするの?別にいいじゃない。そんなの古くさいよ。

明人 いや、でも、これからずっと顔合わせるんだから、最初の印象は良くしといた方がいいと思うよ。

幸子 うーん、そっかー。ゴミ出しに行ったら、「奥さん、それビニール混ざってない?」とか言われたら嫌だもんね。

明人 何それ?

幸子 それで、「ビニールは燃えないゴミ。燃えないゴミは木曜よ。今日は何曜かしらねぇ?」とか嫌みったらしく言われるの。

明人 そんな、ドラマに出てくるようなお隣さんいないと思うけど…。

幸子 それで、水曜の夜中に出したら、「ゴミは朝の六時から八時半の間に出してくださいねぇ」とか言われたり。

明人 あー、挙句の果てには、「新聞紙が入ってるじゃないの!新聞紙は資源ゴミで出してくださる!」とか言われたり。

幸子 そんな、ドラマみたいなお隣さんいないわよ。

���͡����ҡġ�

幸子 ま、ご近所トラブルがあるといけないから、あいさつは行った方がいいかもね。…でも、手ぶらで行くの?

明人 大丈夫、実家出る時に、近くで饅頭買っといたから。(と、床の袋から饅頭の箱を取り出す。)

���ҡ����ä����������ʤߤ˲椬�Ȥ�ʬ�ϡ�

明人 そんなのないよ。

���ҡ���������

���͡����������ʤ��äơ��Ĥ��㡢�Ԥ�������

���ҡ����á����⡩

明人 そりゃそうでしょ。夫婦なんだから。

幸子 えー、めんどくさいなー。明人一人で行ってきてよ。

明人 冷たっ!何それ。

幸子 …うっ!なんだか急にめまいが!

明人 あれ?こんなところにお札の入った封筒が。

���ҡ����á��ɤ����ɤ���

明人 そんなもんあるわけないだろ?全然元気じゃん。

幸子 う…。わ、私、携帯で近所の食べ物屋さん探しとくから。

���͡�������

幸子 一人で行ってきて。お・ね・が・い。

���͡����������礦���ʤ��ʤ��ġ�

幸子 じゃ、頼んだ、一家の大黒柱!

���͡��ġ�

     明人、饅頭二箱を持って出て行く。

���ҡ����ơ��ȡ�

     幸子、段ボール箱からラジコンを取り出して遊び始める。

幸子 ブーン。…秘技、縦列駐車!

     とか何とか言いながら、ラジコンに熱中する幸子。
     少しして、明人が饅頭一箱を持って帰ってくる。
     しばらく無言で幸子を見ている。

明人 …何してんの?

幸子 明人!は、早かったね。(と、そそくさとラジコンを片付ける。)

明人 いや、何かお隣立て込んでるみたいでね。

幸子 ふーん。お隣さんどんな人だった?

明人 んー、四十代くらいのおばさん。

幸子 ふーん。ゴミのこととかうるさそう?

明人 それは分からないけど。

幸子 ふーん。一人暮らし?

明人 いや、なんか息子さんがいるらしいけど、今誘拐されてるって。

幸子 ふーん。…えっ?

���͡����á�

幸子 今、誘拐って言った?

明人 うん。誘拐。部屋に私服の警官がいたよ。

���ҡ��ĥޥ���

明人 マジ。今うちの玄関に来てる。大野さーん。

     私服の警官(大野巡査)が入ってくる。

大野 あ、どうもお邪魔します。

明人 こちら、県警の大野巡査。こっちは妻の幸子です。

幸子 どうも…こんにちは。

大野 お忙しいところすみません。ちょっとお話を聞かせていただけますか。

幸子 はあ…。…でも、私たちさっき引っ越してきたばっかりなんで、あまり役に立てないと思いますけど。

大野 大丈夫です。事件もついさっき起こったばっかりなんで。

���͡����䡢�����פΰ�̣��ʬ�����ʤ��Ǥ����ɡ�

幸子 あの、いいんですか?誘拐事件が起こったばっかりなのに、隣の家に聞き込みに来たりして。

明人 そういえばそうですね。普通誘拐事件って、こっそりと捜査するんじゃないんですか?


面白いと思ったら、続きは全文ダウンロードで!
御利用機種 Windows Macintosh
E-mail
E-mail送付希望の方は、アドレス御記入ください。


ホーム